記事の詳細

在宅での副業は、基本的に自分のペースで取り組めますし、それが1番のメリットとも言えます。
ただ、いくら自分のペースでできるとは言っても、注意しなければいけないこともあります。

大半の案件では、納品期限が設定されることになるのです。
例えば、月始めに仕事を依頼された場合には、月末までに納品しないといけないなど、そういった条件が設定されるわけです。

場合によっては、1週間など納期が短い場合もあります。
したがって、納品期限のことを考えながら取り組まないと、後になって苦しくなってしまうのです。

納期の2日目になって、まだ半分すら終わっていない状況だと、かなりの負担を強いられることになるでしょう。
たとえ本業の方が忙しくても、納期までに終わらせないといけないので、ほとんど徹夜でやらなければいけないかもしれません。

そうなれば、寝不足になったり疲労が溜まり込んでしまうでしょうから、本業にも悪影響をもたらすかもしれないのです。
そうならないためにも、在宅の副業でも計画的に取り込まないといけないわけです。

もしも、普段の仕事が忙しかったり、残業が頻繁に生じたりするようであれば、納期の設定が緩い案件を選ぶようにしましょう。
また、ある程度仕事量を自由に決められるのであれば、その時々に応じて調整するのが望ましいです。

そして、どうしてもやむを得ない事情で納期に間に合わないようであれば、早い段階で連絡をするようにして、なるべく迷惑をかけないように努めるようにしましょう。
絶対に、無断で納期に遅れることだけはしないようにしてください。

関連記事

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る